メニュー

夏風邪流行中!

[2019.07.08]

みなさま、こんにちは。 昨日は七夕でしたが、いかがお過ごしでしたか。 でも七夕といえば大抵天気が悪く、天の川どころではない気がしますよね。 実際調べてみると神奈川(横浜)で7月7日にしっかりと晴れたのは、過去15年間でも4回位しかないようです。

 

さて最近、クリニックにも夏風邪でいらっしゃるお子様が非常に増えてきました。

そこで代表的な夏風邪についてご説明してみたいと思います。

 

・ヘルパンギーナ

発熱とのどの発赤・発疹を主な症状とするウイルス性の咽頭炎です。 コクサッキーウイルスA群やB群、などのエンテロウイルス属によることが多いようです。 

2~4日の潜伏期間ののち、突然の発熱とのどの痛みが出現します。この際まだのどが痛いが言えない乳幼児では食事を食べたがらない、またはよだれが多くなったということが多いようです。 のどの奥には1~2㎜の白っぽい水疱性の発疹が出現しており、これが破れて浅い潰瘍をつくるととても痛くなりますが、発熱は2~4日程度で解熱しやや遅れて粘膜疹も消えていきます。 基本的には予後良好な疾患ですが、まれに無菌性髄膜炎や急性心筋炎を合併することがあるため、繰り返す嘔吐や頭痛、元気がなく呼吸があらいなどの症状があった場合注意が必要です。また乳児の場合、ミルクが飲めずに脱水になってしまう場合があるので、哺乳量が減ったりおしっこの量が少なくなってきた場合は、必ず受診をして下さい。

特別な治療法はないので、発熱や喉の痛みなどに対してアセトアミノフェンなどを使用して症状を和らげてあげる対症療法が中心となります。

 

・手足口病

今年(2019年)は当たり年の様です。 その名の通り発熱とのどの痛み、手、足に現れる水疱性の発疹が特徴の急性ウイルス感染症です。 しかし近年は手足だけではなく、両腕やふともも、おしりにも発疹が広がります。これもコクサッキーCA6・A16・A6やエンテロウイルス71などのエンテロウイルス属が原因となります。 発熱は38度以下の事が多いですが、ほとんど認めないこともあります。 

通常3~5日の潜伏期間ののちに口の中や手足中心に、水疱性の発疹が広がります。 発疹はウイルスのタイプによって実に多彩なため、水ぼうそうの初期、水いぼ、虫刺されとの見分けが非常に難しいです。 また発疹はかゆみを伴わないはずですが、かゆい場合もあり掻き壊さないように塗り薬を使用する場合もあります。 口の中ではヘルパンギーナ同様、小潰瘍をつくることもあるのでのどの痛みで食事が進まなくなることもあります。 また中枢神経の合併症を伴う事もあるので、目つきがおかしい、呼びかけに応じないなどいつもと違う様子があればすぐに受診をして下さい。

特別な治療法はないので、発熱や喉の痛みなどに対してアセトアミノフェンなどを使用して症状を和らげてあげる対症療法が中心となります。

 

ヘルパンギーナ、手足口病ともに学校保健安全法では予防すべき伝染病に含まれないので、はっきりとした登園、登校禁止期間があるわけではありません。 発熱や新たな発疹の広がる急性期は登園・登校しないことは当然ですが、回復期にもウイルスは長く排出されるため感染拡大を完全に抑えることは不可能と思われます。 そこで本人の症状や食欲や機嫌などの状態をみて、登園・登校すればよいと思います。

 

・プール熱

アデノウイルス感染による咽頭結膜熱の事です。 5~7日間の潜伏期間ののち発熱、全身倦怠感、頭痛などの症状から始まり、咽頭炎によるのどの痛みや結膜炎による結膜の充血や痛み、目やになどを認めます。40度近い発熱とこれらの症状が3~5日続きますが、1週間持続することもあります。 (アデノウイルスは咽頭炎、扁桃炎、腸炎のみをおこすこともあります。)

通常飛沫感染、または手指を介した接触感染で、感染力は非常に強力です。大人も感染してしまうため、ご家族も感染者との密接な接触を避け、タオルや洗っていない食器の共有はせず、手洗い・うがいをしっかりと心がけて下さい。

この疾患も特別な治療法があるわけではないので、症状に応じた対症療法が中心となります。 目の症状が強い場合には眼科の先生にも相談してください。

 

プール熱(咽頭結膜熱)は学校保健安全法では第二種伝染病に定められていますので、発熱や目の症状などが消失した後(0日目)、2日を経過してから登園・登校(3日目)するようにして下さい。

 

これらのウイルス感染は一度かかっても、タイプが違えば何度もかかってしまう可能性があります。 治療には特別なものがあるわけではないので、解熱剤など無理に使用しなくも良いですが、お子様がつらい時には症状を和らげてあげることは大事だと思います。 またお子様が感染しまっても、ご家族がうつらないよう(大人の手足口病などとてもツラいようです。。。)、しっかりと手洗い・うがいをお願いします。

ではみなさん、元気に夏休みを迎えて下さいね。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME